日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

素晴らしい

やまとのこころ
こんなふうに文章にできること、
すごいこと
押しつけがましくなく、愛のある素敵なブログに感動です。
書き続けて下さいね

2013.05.31  赤塚高仁  編集

赤塚高仁さま

赤塚さん、コメント有難うございます!
赤塚さんにそんなふうに言っていただけるとは、
大変光栄です!
始めたばかりで試行錯誤していますが、
とにかく続けてみたいと思います(*^_^*)
有難うございます!

2013.05.31  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ブログ開始日に、皇紀2673年と書いていたので、
読んでくださった方から、Facebookで、
「皇紀って何ですか?」という質問をいただきました。

お話したいと思ってたんです~!
素晴らしい振りを有難うございます(笑)

皇紀って、目にしたことはあっても、
一般的に使われることは、ほとんどありませんね。


皇紀とは、日本の紀年法で、
『神武天皇即位紀元』の略です。



西洋の、イエス・キリスト生誕の年を紀元としたのが西暦、
日本の、神武天皇(初代天皇)即位の年を紀元としたのが皇紀です。

日本書紀編纂以降、
日本では紀元として一般に、この皇紀がしっかりと用いられてきました。

ずっと昔の話ではなく、昭和まで、元号と共に、
正式文書から一般文書まで、日本人は皇紀を認識していたのです。

しかし太平洋戦争以降、
西洋の紀元、西暦が用いられるようになり、
私たち若い世代には、皇紀という紀元があることも、
皇紀という言葉さえ聞いたことがないという人が多くなっています。


今年を、皇紀2673年と表現した通り、
西暦2013年→皇紀2673年 ですので、
皇紀は西暦からちょうど660年遡った紀元です。

日本の紀元は本来、
西暦よりも660年も前から始まっている。

今まさに、これをすぐに使うべき!とか、
使わないでいい!とかいう議論以前に、
知らないということが、とても勿体ないと思いませんか?

タイでは仏暦が、イスラムでは太陰暦(ヘディラ紀元)が、
大変大切にされているそうです。

世界統一の紀元をつくることも大切かもしれませんが、
それぞれの国が、自分たちの国のことを、
認識し、大切にし、また、互いに尊重することもとっても大切です。


もちろん、この皇紀をとても大切にされている方も多くいらっしゃいます。

神武天皇祭というお祭りが、
神武天皇崩御日の4月3日に前後には、
日本全国ほとんどの神社で執り行われています。



そして皇室の祭祀としては、
先帝と、前3代の天皇崩御日にも、天皇霊に対する祭儀を斎行しますが、

特に毎年、
先帝と神武天皇の崩御日に関してだけは、
大祭として特別に扱われています。

特にこの、初代天皇である、
神武天皇を重んじてきたということが、明らかですね。

それなのに、日本人として、知らない、ということは、
やっぱり勿体ないです。


そして、これは私の個人的な解釈ですが、
とってもとっても、心に留まっていることが更に、ひとつあります。


それは、神武天皇の崩御日です。


先ほど、神武天皇の崩御日は、4月3日と申し上げましたが、
これは、グレゴリオ暦に置き換えられたもの。

これは1年を365日という概念に統一する際、
明治に採用された考え方に基づいていますが、

実際の神武天皇の崩御日は…


3月11日だったのです。


私にとっては、
この日にちが、偶然には思えないのです。

日本で初めての天皇が崩御された日。

哀しくもあり、
これから時代を築いていかねばならないことを告げた日。

この日が、私の中では、
今の暦の考え方で言う、
2年前の3月11日と、重なってしまいました。



皇紀。神武天皇即位紀元。
西暦に660年を足せばすぐに判ります。

時にはもっと気軽に、
用いてみては、いかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

素晴らしい

やまとのこころ
こんなふうに文章にできること、
すごいこと
押しつけがましくなく、愛のある素敵なブログに感動です。
書き続けて下さいね

2013.05.31  赤塚高仁  編集

赤塚高仁さま

赤塚さん、コメント有難うございます!
赤塚さんにそんなふうに言っていただけるとは、
大変光栄です!
始めたばかりで試行錯誤していますが、
とにかく続けてみたいと思います(*^_^*)
有難うございます!

2013.05.31  愛子  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。