日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

巷でもよく耳にし、一般的になりつつある「トークライブ」という言葉。

私は初めてこの言葉を聴いた時、
なんで「ライブ」なんだろう?と思っていました。
どうしても、ライブと聴くと、音楽のイメージしか無かったんです。

そう言いつつ、私も実際、
2月9日に『おかん感謝祭第2章』を開催したときのプログラムは、

・映画「ふるさとがえり」上映
・ふるさとがえり監督林弘樹&ロックバンドおかんトークライブ
・ロックバンドおかんライブ  という構成でした。

この時のトークライブ、
私は2組にお任せするつもりだったのですが、
2組ともをよく知ってる愛子ちゃんも入ったほうが、
絶対いいものになるよ!と、林監督に勧められ、
急きょ私も参加させていただきました。

自分自身が参加してみて、
あぁ、確かにこれはライブなんだな、ととってもよく分かりました。

そこには確かに、一体感がありました。




私はこれから、

名前のことだまを入り口として、

あなたがどんなに大切な存在かということや、

あなたの中に根付いている確かな日本人性のお話や、

日本の考え方、文化、日本の重要性を、

1人でも多くの方にお伝えしていこうと考えています。


ですがそもそも、ことだま(言霊)の他にも、霊(たま。ちから)はあります。

・言霊(ことだま)・・・言葉の力
・音霊(おとだま)・・・音の力
・文霊(ふみたま)・・・文字(形)の力
・色霊(いろたま)・・・色(場)の力


言霊と音霊は、聴こえるもの(音)です。
文霊と色霊は、見えるもの(光)です。

日本人にとってはまず、音が重要でした。
そのあと形が出来たのです。


この4つはそれぞれに大きな力がありますが、
これらが合わされば、なおさら大きな力になります。

これらが合わさるとは、
人との交流の場のことであり、口伝、4つの霊の共有なのです。


トークライブでは、出演者の、
語る声(音)、言葉(言霊)、姿や表情・身ぶり手振ぶり(形)、
そして聞き手も含めた、その瞬間にしか生まれない空気(場)、と、まさに4つの霊。

音楽ライブでももちろん、これと全く同じことですね。


たとえば、会ったことのある人の、聴いたことのある話でも、
お金を払って講演会を聴きに行く、という行為を人がするのは、このためかもしれません。

その様子が収録されたCD等を聴くのも良いのですが、
その時その瞬間その場に行って、4つの霊を共有することが、大きな力になるから。


そして更にこれは、不特定多数の方に聴いていただく、
トークライブや講演会などに限らず、
1対1で行うセッションなどでも同じことが言えます。

直接会って、姿や表情を感じながら語り、語って戴き、よい場をつくり、
その瞬間にしか生み出されないものが生まれること。


私たちは知らず知らずに、
この4つの霊を駆使して、人とコミュニケーションをとってきました。

インターネットを介してのコミュニケーションは大変便利で、
上手に使えばより関係性を深めるものになり、私もとても活用しています。

それでもやはり、
この4つの霊を共有し合うに勝るものはありません。


明日と明後日は、広島にて、名前のことだまセッション。

言霊・音霊・文霊(形)・色霊(場)をしっかり意識して、
セッションを受けてくださった方のこれからの人生に、
何かの兆しを見出していただけるよう、
精一杯つとめさせていただきたいと思います!


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
有難うございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。