日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2013.07.20

感謝と使命

本日21時30分頃。
日野英俊と京子の間に、私愛子が生まれてから、32回目の瞬間を迎えました。

映画『風立ちぬ』を、家族揃って鑑賞中に、その瞬間を迎えられました。

美しい時間でした。

色々なことを考えましたが、結局、
私は、シンプルにまっすぐな思いで、

その瞬間瞬間を逃すことなく、
衝動にさえしたがって生きたいと思います。

劇場に入るときには、これを手渡されました。



今日は朝から、沢山のメール、メッセージ、Facebookへの投稿など、
お祝いのお言葉をかけていただき、
改めて、この人生で出逢わせていただいてる方とのことを思いました。

本当に有難いです。
生きていて、人と触れ合いながら進んでいけるということは。

どんな出逢いにも、もっともっと、
出逢いの喜びに敏感になって、
もっと大切に生きたいと、思いました。

無事に今日まで命あること、感謝すると同時に、

他の命を犠牲にしながらも、

生きる価値のある命かどうか問いながら、

いいえ、
生きるという選択しかない以上、

生きる価値のある命の使い方を、させていただかなければ。



他にも朝から、産土神神社の湊神社に行かせていただいたり、





愛媛県の一の宮、大山祇神社を参拝させていただいたり、





最高の過ごし方をさせていただけました。

大山祇神社については、書きたいことが沢山ありますが、
これはまた、後日…



風立ちぬを観ながら感じていました。


技術を選ぶのか、命を選ぶのか。


そして、

そんな選択とも知らずに、

ただただ、自分のまっすぐな思いに正直に生きる人たちの美しさ。


明日は参院選です。


これは、そんな選択と知って、選べるものだから。

ほんとうにまことの心に聴いて、一票を投じてほしい。


ジブリ作品。

明日の選挙前にこの作品が公開になるとは、不思議です。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。