日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今朝は、父とふたりで、お墓の掃除に行ってきました。

父方のご先祖さまのお墓は山奥にあり、
体調が悪かったり、年を重ねた方にとっては、
辿り着くのも本当に大変な場所です。

頻繁に行けるところではないので、年に何回か、
周囲の草刈りから始まる大掃除をしに行きます。

この時期も、必ずお盆の前に行って、綺麗な状態で、
お盆を迎えるようにしています。

しかしこの時期は、暑さと蚊との闘いで、
キンチョールを2本持って挑むのです(笑)


ビフォー!


アフター!


自分の家の墓石をピカピカに磨くのは、やはり気持ちがいいものです。

ところが私は、
特別に、お墓が大切だと考えているかと言えば、そうとも限らず、
最近よく言う、

死んだら生前好きだった場所に、骨を撒いてほしいという、
個人の方の希望があったりするならば、
それもひとつだと思っています。


お墓はどちらかと言えば、
生きている私たちの為にあるような気がします。

ご先祖さまに対して、
きちんと手を合わせ、心を合わせる、

子どもたちに対して、
ご先祖さまが居てくださったから今があることを伝える、

そのためのとても分かりやすい手段として、
私たちの為になるものなのかもしれません。

生きている私たちのために必要で、
これまで受け継がれてきたというのが、
ある種の真実かもしれません。



さて、今夜は、
元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんが新居浜にいらっしゃいます。



高知の仲間が、高知で長谷川さんの講演を聴いて、
とても面白かったから愛媛でもぜひ、とのことで、

愛媛のメンバーが僅かな準備期間でしたが開催をすることになり。


おかん感謝祭ではずいぶんと力になってくれた仲間のやることですから、
私も微力ながら、
お手伝いできることを、やらせていただくつもりです。


私もいつも、

これは、誰のための事実?真実?

と問いながら、

情報にあたっています。


長谷川豊さんとはもちろん初対面。

報道の最前線に居ながら感じていたこと、
事実と真実とは違うこと、
などを語ってくださるのではないでしょうか。
楽しみです。


では!打ち合わせに行ってきまーす!



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。