日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

昨日のブログに書き忘れた、
5月の幸せなお話のラストが、これでした。

名前のことだまの、
初級ことだま師認定試験、99点にて合格!
なんか、、、高得点で嬉しい反面、そこまでいくなら何その1点!
っという悔しさもありますが、、、
悔しさがあるから、がんばれるということで(笑)

試験は、鞆の浦の「ありそ楼」にて。



これで、名前のことだまの、
モニター鑑定ではなく、本鑑定ができるようになります。

そもそも、
【名前のことだま】って何?!?!

とお思いの方がほとんどだと思います。
簡単に説明します。


古代から、日本のことば、一音一音に、すべて意味があり、
それら音の意味から、人の名前に宿る、本来の働きがあります。
氏名から、使命を紐解き、同時に、日本人の使命ひついても学びます。

音の働きから、
その人の本来持っている使命(氏名)に気づいていただき、
名を改めること、(改名)ではなく、名を紐解くこと(解名)で、

『あなたがどんなに必要で、大切な存在なのか』を伝えたい。


そう、昨日のブログでお話した通り、
私がロックバンドおかんを応援してきた原点は、

『あなたがどんなに必要で、大切な存在かを分かってほしい。あなたの代わりはいないということを伝えたい。』

その想いに共感していたからでした。

いや、むしろ当時、
私自身が、そう人に言ってもらいたかったからでした。


私が、生きて、死ぬまでに、やっておくべきこと、使命があるのなら、それをやりたい、
私でないとダメだと言われるような、代わりのできないことをしたい、

私自身が、そう強く願っていました。


だからこそ、ロックバンドおかんを応援できました。

しかし、徐々に、
彼らの言葉を借りて、自分が納得するだけじゃなく、
私も、私自身の言葉で、このことを人に伝えていきたい!
と思うようになりました。

そして、ようやく出逢えたのが、
この、【名前のことだま】だったのです。

この本との出会い。



昨年末のことでした。

読み進めていくうちに、
身体が歓喜に震えました。

出会えた!出会えた!
これだ!これだ!

早く、いち早くこれを、私は学びたい!伝えたい!

☆あなたがどんなに大切かということ
☆あなたの本来の使命

に加え、更に私の確信になったのは、

☆日本という国がいかに大切かということ

を、この、名前のことだまを入り口に、
皆さんにお伝えしていける!!と確信したからでした。


もともと、古いもの、伝統が大好きで、
また、
これまで数多くの方にお会いしてきて、色々なお話を統合する中で、

私の中で、
やっぱり、
世界がより素敵になるために、日本が、
日本人が再び日本人性を取り戻すことが、
何よりも大切だ、という思いが、強くなっていました。

『世界がいつまでも美しく平和であるために、そのための何かの為に、私の身体を使ってください』
と、いつも祈ってきた自分でしたが、

このことを自分自身が実践していける手段が、
これだ!と、わかったんです。


本も最後まで読み終わらないうちに、
この名前のことだまの先生、
山下弘司先生に連絡を取って、私にこのことを教えてください!とお願いしました。

そしてその半月後には、
名古屋の先生のご自宅へ行き、講座を受講させていただき、
慌てるようにステップを踏んで、
あっという間にここまで来ました。

素晴らしいことは、早く、皆さんにお伝えしたい!という気持ちで。

もちろんこの先まだまだ勉強は続きます。
私自身が、講師として、講話ができるようにもなるつもりです。


ですがこれから8月までは、
何人かの方に、鑑定をさせていただいて、経験を積むことが必要です。

ん?なんだっ?!
と気になる方がいらっしゃいましたら、
遠慮なくお気軽にお問い合わせください♪

なお、既に数名の方から、鑑定のご依頼をいただいていますので、
8月までの間にさせていただける方は、あと少しです(*^_^*)

一対一で、お会いして、じっくり、お伝えさせていただきます☆
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。