日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

いよいよ明日からお盆ですね。

13日の夕方に、先祖の霊を迎えて供養し、
15日の夕方や、16日にお送りする行事。

お盆は、正式には、
『盂蘭盆会(うらぼんえ)』や『精霊会(しょうりょうえ)』と言います。

精霊は、
亡くなった人が、子孫らの供養によって清められ、
祖先一般としての、集団霊、祖霊となったもの。

亡くなった人が、神様になるための儀式かもしれません。


あの世で苦しんでいる死者を供養して救いましょう、と考える仏教と、

日本古来の先祖を敬う、祖霊祭が、
ひとつになって、
今のお盆という形になっています。


13日の夕方には、
帰ってきてくれる精霊が迷わないよう、
家の前で『迎え火』を焚きます。

素焼きの鍋に、
麻の茎や、松の根、檜の根、
などを入れて焚くのが、ごく一般的。

お墓で焚いたり、道端でたいたり、共同で迎え火をするところもあるようです。



初日の明日は特に、
新盆、初盆といって、

まだあの世に行って間もない方々、
新精霊、新仏などには、

この世への未練や荒々しさなどがあります。

特別手厚くお迎えし、じゅうぶんに供養して差し上げましょう。


明日からの4日間はいつも、

私たちのご先祖様と共に、ありますね。
幸せです。


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。