日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

夏の全国高校野球選手権大会、閉幕しましたね。

文字通りの熱戦の数々、あつい涙…

私は小学生の頃から、高校野球が大好きで、
毎年、夏の甲子園前には、
出場校の情報が載っている雑誌を買ってもらって、

夏休み、毎日ドキドキしながら食い入るように観戦していました。

けれどいまだに、
ルールや用語に詳しいわけではありません。

ただただ、選手の、その真っすぐな表情や、意気込みが、
画面から伝わってきて、

その一生懸命な姿が、とにかくカッコ良くて、
必死で観ていたのです。


ずっと、カッコ良いお兄さん達だ!
という目で観てきたので、

自分自身が同い年の高校生になっても、
甲子園で戦う選手たちが、
同級生にはとても見えませんでしたし、

大学生になっても、社会人になって最初のほうでもまだ、
やはり私にとっては、
高校球児は、とても立派なお兄さんに見えていました。

さすがに今は…ハッキリともう、高校生という年下に見えますが(笑)



今年は第95回目の甲子園でした。

95年間も続いているんです。

凄いです。

戦争があっても、震災があっても、
廃止にならずに続けられてきました。


そして甲子園といえば、
試合終了し、ふたつの高校の明暗が分かれた中で、

勝った高校の校歌が流れ、歓喜に歌う姿の清々しさ。

何とも言えぬ誇らしげな表情で、嬉し涙を流しながら歌います。

素晴らしい姿です。



また、今年、初出場初優勝を果たした、
前橋育英高校の校歌、この歌詞が本当に素晴らしい。



前橋育英高校 校歌 ……………………


日輪は天に輝き 流るるは 利根の動脈 

美わしき 朝日が丘の 学舎に光あふるる

いざ 朋がらよ 若き眉あげ 

真善美 ひたに追わなん 

……………………………………………

日輪の姿を確認しながら、
真善美を追ってゆく。


まさに日本のあるべき姿です。



ところで、『校歌』があるのは、当たりまえだと思われますか?

海外では、
ある学校と無い学校がありますし、

あっても、
校歌を歌う機会はほとんど無いそうです。


私たちは、在学中、行事の度に校歌を歌ってきたので、

卒業から年数が経過しても、
空では憶えていなくとも、

歌い出しワンフレーズを流してくれたなら、
すぐに歌えますよね。


母校!というものへの意識も、強まります。


しかも校歌は必ず、
その『地域の自然』と『心のあり方』について、

歌詞が作られています。

これは本当に素敵な文化です。

すべての学校がそれぞれに、
地域の自然と日本の心を讃える歌をつくる。

ことば豊かな、日本ならでは。



そう考えると、校歌をもっと大事にしたい。

そう考えると、甲子園で負けた高校の校歌も、流してあげたい。


日本人の高い精神性からするならば、本来であれば、

勝った高校は、必ず再び歌える機会がやってくるのだから、

負けてこの場を去る勇者こそ、
校歌を歌う機会を譲るということが、

あっても良さそうだと思うのです。


負けた高校の校歌を、栄誉を讃え皆で聴き、

そのあと勝者が校歌を歌っても、良いのではないだろうか。

と、思うので、


今日の決勝で惜しくも優勝を逃した延岡学園の校歌も、
ご紹介しておきたいと思います。


延岡学園 校歌 …………………………

見上ぐる空に 山青く 
ながるる雲に 夢を呼ぶ 
みどりの風の 吹くところ
ああ清新の 学び舎よ 希望の高し わが母校 

……………………………………………


高校球児の皆さん!

素晴らしい戦いをありがとう!


今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。