日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI

名前のことだまを入り口に、和ごころに気づけるブログです。

プロフィール

日野  愛子

Author:日野 愛子
日本人がもう一度、日本人になろう。

皇紀2671年3月11日、
再び、ほんとうの幸せに戻るための、
大きく舵を切れた転換点にするために。

いつもほんとうのことを知ろうとすること、
いつも自分の中の愛に聞いて、
一歩を選べるように。

知ることへの道は、愛のはじまり。

名前のことだまを入り口に、
素敵な日本に氣づけるブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数え切れない程の人とすれ違う中で

人として出会えたこと、痛く幸せに想う


無表情に流れ行く人波の中
あなたに会えたのは、なぜだろう

出会うことの無い僕たちならば決して
言葉交わすこと無く過ぎ去っていただろう

数え切れない程の人とすれ違う中で

人として出会えたこと、痛く幸せに想う


目の前に居る人がそこに居て
当たり前になっていた

あの日あの時「奇跡」とも言える瞬間が無ければ
笑い合うこと無かったよ


こんなに沢山の感情分け合ってきたのに
全て無かったかもしれないと想うと

怖ささえ覚えるよ
ほんとに会えてよかったよ

数え切れない程の人とすれ違う中で

人として出会えたこと、痛く幸せに想う



あの日生まれなかったら
あの街に住んでいなかったら

あの電車に乗ってなかったら
あの日が休みじゃなかったら

あの会社じゃなかったら
あの学校に行ってなかったら

あの日晴れてなかったら
あの夜星が降ってなかったら


あの時話し掛けなかったら
あの時気付いてなかったら

あの時覚悟決めなかったら
あの時叫んでなかったら

あの時別れてなかったら
あの時「好き」と言ってなかったら


痛み喜び感じずに僕は

あなたを知らないままだった


数え切れない程の人とすれ違う中で

人として出会えたこと、痛く幸せに想う



大切なあなたへの歌を唄いたい


人として出会えたこと痛く幸せに想う



【人として/ロックバンドおかん】





出逢ったときから仲間として応援してきた、
ロックバンドおかんの代表曲のひとつ【人として】


改めて、この歌を聴くとき、歌うとき、

本当に偉大な歌だなぁと思います。



インディーズでありながら、

大阪城ホール単独公演を成功させ、
台北で10万人のステージで歌い、

なお、原点にかえって路上で歌うような彼ら。


この歌は本当に、路上が似合う。



どんな人の、どんな人生も、すべて、みんな、
きっと、

こんな風なはずです。


誰ひとり欠けても、
何ひとつ違っても、


あなたがこれまで、

喜んできたことも、嘆いてきたことも、

どれひとつ欠けても、



今のあなたはここに居ない。



すべての出逢いは、寸分違わずに起こっているんだなぁ~



時にとんでもなくドラマチックに感じる出逢いもあったし、

さも出逢えたのが当たり前かのような自然な出逢いもあった。


けれどそのすべてが、大切だった。

後になった今では、すべてが必要だったと感じる。


どんなに遠回りでも、
まるですべては、今への時間調整だったかのように。


だから。


今起きている出来事も、
どんな風に私がいま感じていようとも、

すべて、必要な出来事だ。



明日は、陽子ちゃんと京都に向かいます。

陽子ちゃんと出逢ったのは、
ロックバンドおかんの大阪城ホール単独公演LIVE当日。

旅の目的は、将平くんのボクシングの試合観戦。


将平くんと出逢ったのは、
嵐山駅に私が間違って乗り込んだから。

間違って乗り込んだうえに、
盗撮に遭うという稀な出来事が起きたために、

近くに乗り合わせた将平くんが止めに入ってくれたから。


素晴らしい青年だ~、と、
その後ロックバンドおかんのLIVEに連れてったりしました。


明日、彼の同じ高校出身の先輩、
金メダリストの村田諒太選手のアンダーカードとして、
プロ12連勝目を賭けた戦いです。



人との出逢いというのは、本当に不思議ですよね。

一体、どこで、何が起きるのか、予測できません。



あなたの今、身近にいる、

あなたによく、小言を言ってくれる、

あなたのことを、誰よりも愛してくれる、

あなたがこの世に生を受けたいちばん最初の瞬間からこれまで、

ずっとあなたを見守り続けてくれている、

あなたのご両親とも、


寸分違わずに、あなたは奇跡の出逢いを遂げています。


そもそもその奇跡が無ければ、


何も、無かった。


すべて、無かった。


私たちが今ここに居られることは、

武者震いが止まらなくなる程に、本当に、


奇跡が幾重にも幾重にも幾重にもかさなっていて。


あなたの存在そのものが、

眩いばかりの奇跡に包まれていて、輝き過ぎて直視できない程だということに、氣づきます。


そしてそんな奇跡のようなあなたと、
奇跡のような私が出逢うなら、


もう、言葉では表現しようのない、奇跡ですね…



だから、すべての人は、光なんですね。





人として出逢えたこと、痛く幸せに思います。



今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子



続きはこちら >>

うれしいとき、雪崩のようにうれしいことが訪れて、

つまずくとき、次から次へと横ヤリが入って。


出来事は、まるでスパイラルのように、立て続けに起こることがあります。


ある一定の容量を超えたとき、表面化するとしたら、
表面化し始めたら、

あちらでもこちらでも、姿が表れるものなのかもしれません。


何でも、良くない周期というのは、
もうすぐ抜けるというときが最も危険です。


夜明け前がいちばん暗い。

ということと似ていますね。


今年後厄の私は、それを理由にというわけではありませんが、
そういう時期なのかもしれません。


けれど、
ことだまの中に、浄化を求める方法もあります。



浄化を促す音。それが「ふ」。


「ふ」は浄化、そして「福」を呼びこむことだまです。

息を「ふーーーーーー~~~っ」と「吹く」。


方向性を決めること、

浄化の力を持つ「ふ」のことだま。


方向性を決めるためには、受け入れること。


起きた出来事に、
「一体なぜこんなことが起きなきゃいけないの…」と嘆くよりも、

「これは起こるべくして起きた」と事実をありのままに受け入れると、
方向性が見えてくるのかもしれません。


「ふ」の母音は「う」。
「う」は受け入れの音ですから。


ふーーーーーー~~~っと、

思いきり息を吐いて、

空気をふるわせて、浄化する。


起こる出来事を避けたり除けたりするためではなく、

起きた出来事を受け止めて、

それでも体に溜めてしまった嫌な思い、混沌とするもの、ストレスを、

自分の中から外へと出ていくことをイメージしながら、息を吹き、

「福」(ふく)を呼びこみましょう。



お風呂の中で、ふぅーっも気持ちいいし、

タンポポの前での、ふぅーっもお気に入り。






今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子


1年前の5月19日。

この日があったから、私は、ブログを書いてみようと思えました。


沢山の人から愛をもらってきた。

そのぶん、

これからはもっと、覚悟を持って、もっと本氣で、
人様のお役に立てるようになるために、自分にできるすべてをしようと思いました。


これまでもブログで何度か紹介してきた、
こちらがその、5月19日のことを書いたブログです。

神様が舞い降りた生涯最高の5月のこと

これだけ母に愛をいただいて、
私は、
母を、両親を、必ず元気にさせると誓ったし、

それだけでは不十分で、

さらに一層、人様のお役にも立つんだと、誓いました。


私がやっていることを、ブログやFacebookの中で見ている方には、
私の活動が多岐に渡っているために、混乱を招き、

色々なことをおっしゃる方がいらっしゃいます。


ただ、私の信念は揺るぎません。いつも一貫しています。


私は、人のお役に立てると確信のあることは、やめません。


どんなにそれが、愚かしいことだと言われても、
やめることはできないんです。


本当に、ロックバンドおかんが、
多くの人たちの心を救うと、本氣で思ったから、本氣で応援しました。


本当に、名前のことだまが、
一人ひとりの方に、自分は必要で生まれてきた大切な存在だと氣づかせてくれると、本氣で思ったから、取り組んでいます。


本当に、健康な身体が、
一人ひとりが、その人らしい人生を全うするためには絶対に必要だと、本氣で思ったから、人の健康も本氣で考えます。



本質はどこにあるのか?

本当のことは何なのか?


イメージ戦略の中に漂うように生きるのではなく、

一人ひとりが、自分の頭で全うに考え、
肌で感じることができるように。

本当に素晴らしくて輝かしくて尊すぎる一人ひとりのひとが、
自分自身から湧き上がってくる選択で生きられるように。


互いに違いを認め合いながら、

【和】の精神で生きられるような、

そんなことが本当に大切だと、本氣で思うから、


私は、私だけのプライベートなこと、
恋や結婚や、自分自身の仕事や、

そういった、我が都合よりも、


少しでも、そんな世の中が来るようにと、
願い、進んでいるつもりです。


そんなことは、
誰に望まれたわけでもありませんし、頼まれたわけでもありません。

勝手にそんな風に考えて、
勝手にそうしているだけです。


私も勝手だけれど、

同じく他の方も勝手に生きる権利があるから、

知らない他の人を、知らない他のことを、悪く言うこともありません。


ただ、単純に、

人の噂話や、足元をすくおうとする人並みの中というのは、
とっても、疲れます。


疲れるなんて単語をブログの中で使ったのは、初めてかもしれません。


でも、実際、疲れました。とっても。

そして、私の身近な大切な人たちもきっと、疲れていると思います。


それでも。


間違っていないことは間違っていない。

真心でやっていることは真心でやっている。

誰に恥じることもない。


みんなみんな、最後は命に終わりがやってきて。

その時は、きっと、

世間体を氣にして生きたから、よかった~とは、きっと、思わない。

自分の心に従って、正直に生きて、よかった~と、きっと、思えるのじゃないかな。


私は、そう、思うほうで。


けれど、人間だから、時に、疲れることも、あるものですよね。


そんなときは、休みます。

心までは死なないように、信念までは死なないように、休むんです。



栄養のことを、きちんと知りたくて、勉強したくて、
サプリメント管理士の資格も取りました。


今日、届いてたんです。
ホッ。

この世界では、肉体をいただいて生きているのに、
その肉体の原材料を知らないということが多いから。

身体が何で出来ているかもしらないのに、
身体を動かせるって、すごいことです。


だけどやっぱり、ちゃんと知っておきたいから。

両親がなった、がんという病気に、
みすみす色んな人に、なってほしくないから。






今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子




あと、1週間。


先が長いと思った日も、沢山たくさんあったけれど、
ここまで来てみると、やっぱり早かったなぁ。


いつからか、
ブログは、書き溜めをすることなく、毎日書いて、アップする。

と決めて、
ただし1年間は、と思ってきました。


お付き合いの飲み会で深夜に帰宅し、
お風呂に入ると明け方になり、

布団にくるまって携帯握りしめ、なんとか書こうとふんばって、
気づけば朝になってしまったことも、一度二度ではなく。

それでもその朝と、夜とに書いて、毎日分として書き、


どうしても、今日は書けない…
と、気持ちが落ち込んでどうしようもない時も、
一度二度ではなく。

それでもなんとかかんとか、言葉を紡ぎ…



だけれどそれというのは、
私に限ったことじゃなく、どなたでもそうだと思います。

Facebook、Twitter、ブログ、
何か常に発信している人の多くは、

単なる愚痴や批判のようなことを垂れ流すのは、公害だと、認識しているから、


本当には、
心の奥で感じている葛藤や苦悩があっても、

楽しいこと、楽しそうなこと、
素敵なこと、綺麗なこと、美味しいことを見つけて、

発信しているから。


結果として、誰もが、

「皆は、楽しそうでいいな。」

そんな風につい、思ってしまうのでしょう。

まるで、自分だけが、辛い、かのように。


SNSが身近な存在になって一層、

人を羨む傾向が増えた、ということも、あるのかもしれません。


けれど考えてみればわかる通り、

人も、自分も、あの人もこの人もみんな、
いいことばかりがあるはずはないのです。

見えている部分だけが全てじゃない。


もっともっとみんな、
いろんなことを抱えて生きている。



この1年近く、
どんなことがあってもとにかく毎日。

と、自分との約束を守ってこられて。


【未完成でも進む】


という、自分の苦手としていたことを、少しは出来る、
自分を許せるように、なったと思っています。


最初は苦痛でした。

こんなしょうもない記事を書くくらいなら、書かないほうがいい。
と、何度も何度も思ったことがあります。


それでも、
どんな状態でも進むこと、
とにかく続けること。


自分との約束であり、記録、訓練として、
とってもよかったなぁ~と思っています。


365日目のブログを書いたあとは、今度は、

本当に、書きたいこと、書きたい時、
本当に、ブログとして残しておきたいことだけを、

ブログに書く。


気が進まないのに書く、ということは、もうしません。

今度は徹底的に、自分の気持ちに正直に。


固まっていなくても、ふんわりしていても、書いてきた、これまでと違って、
今度は、

書いた時というのは、本当に、皆さんに読んでほしい!
という気持ちで書くと思いますので、

その時はぜひ、読んでやってください。


いよいよあと1週間というのに。

特別なことは何も書けない、今日なのでした。


でもね。

どんな自分でもいいよね。

そんな風に思えるようになることが、
実はとっても、大事なことだったのかもしれません。


だいじょうぶ。

わかってくれる、見てくれてる人も、きっといるよ。




今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子






どなた様もお疲れさまです!


今日はいよいよ、
「名前のことだま・みなおしワークショップ」の開催日。

と同時に、ことだま入門講師として初めてのセミナーでした。


これまで、ことだま個人セッションを受けてくださった、
近隣にお住まいの方を対象に、

お昼2時からと、夜7時からの2回に分けて、
自宅で、みなおしワークショップとして開催。


ホワイトボードとペンは、ずっと前に購入していたのに、
消すものが無いことに気づき、お昼前に慌ててホームセンターに買いに行くというハプニングはあったものの…

なんとか無事に、皆さんに愉しんでいただけたのかな?
と思います。


お昼の部は、めぐみさんと、わたるさん。



もともと、わたるさんとはお友達で、
わたるさんが個人セッションを受けてくださった日、

その感想を、Facebookに掲載してくださり、
それを読んだめぐみさんが、私も受けたい!と、
個人セッションを申し出てくださったのです。


そして夜の部は、
ともこさん、けんじさん、しんやさん。



3人は、昨年の3月、
ことだまの先生、山下弘司先生に新居浜でセミナーをしていただいたとき、
出席してくれていたメンバーなので、

前半のセミナーでも、
私なりに多分にアレンジをして、お伝えさせていただきました。

というよりも、
即興でいろいろと伝え方のアイディアが出てきたところもあって、

そんな瞬間は、自分自身でも喜びを感じます。


前半は、セミナー形式。
後半は、皆さんそれぞれのお名前の意味を復習すると同時に、
他の方のお名前、役割を一緒に聴いて、考えていただくというようなもの。


個人セッションは回数も重ねてきて、
ある程度慣れてきたのですが、

ホワイトボードを使って何かを説明する、講師として話す、
ということは、今回が初めてで。


その初めては、
これまでセッションを受けてくださった方をまずは、
対象としたいと、呼びかけさせていただいたのでした。


これから、もっともっと良くしていきたいですし、増して、
全く初めて!という方にお伝えさせていただくワークショップならば、

また、今回とは違った内容、違った雰囲気になると思いますので、
まだまだ、初めての感覚は続きそうです。



以前からひそかに、ドキドキドキドキしていた今日が終わって、
かなり、ホッとしています。

本当は意外と?小心者なんです(笑)


でも…

この大切な、名前のことだまのこと、
お伝えさせていただく役割をいただいて、

本当に、嬉しいです。





今日も、
ことだまの幸わふ国に
生かしていただき、
ありがとうございます。 愛子





Copyright ©日野愛子の、日本に氣づけるブログSAKIWAHI. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。